Web Site

WordPressの最新バージョンで情報流出の脆弱性に対処

ホームページ制作やWEBサイト制作、ブログの更新にWordPressを利用している人も多いと思いますが、2月2日に最新版が公開されていくつかの脆弱性や不具合が改善されました。

 

この脆弱性を悪用されてしまうと外部から情報を盗まれてしまう危険性があり、WordPressの公式サイトは直ちに最新版に更新するよう強く勧告しています。

昨年、ペンタセキュリティシステムズが報告したレポートによると、主なソフトウェア別の脆弱性発生件数および脆弱性への攻撃回数でWordPressが1位に挙げられており、代表的なCMSであるWordpressは脆弱性が最も狙われやすいと指摘されています。

そのため、WordPressのセキュリティアップデートは常に最新状態にしておいた方がよいでしょう。