Web Marketing

テレビ通販のCM効果測定を行う新機能「TVエビス」

株式会社トライステージと株式会社ロックオンは、テレビCMの効果測定についての研究開発を共同で行い、ロックオンが提供する広告効果測定ツール「アドエビス」の新サービスとして、「TV(テレビ)エビス」を2016年9月下旬にリリースすると発表しました。

テレビ通販のCM効果測定を行う「TVエビス」

トライステージ社によると、一般的にテレビ放送枠の成果はコールセンターの電話受注状況で把握されますが、最近はスマートフォンを操作しながらテレビを観る「ながら視聴」の増加により、テレビをきっかけにWebから購入する顧客が増加していることから、コールセンターでの電話受注件数が減少していると言います。そのため、コールセンターの電話受注状況の把握だけでは、テレビ放送枠の正確な成果を把握することが難しくなっていると指摘しています。

両社は2015年8月よりテレビの効果測定に関する協業を開始し、テレビ通販の「メディアを跨いだ購買までの流れ」をリアルタイムで可視化できるサービスの研究開発を進めて検証を重ねた結果、「テレビ放送枠がWEBの購買に貢献した割合の可視化」を実現することができ、モニター検証した企業のマーケティング成果に繋がることも確認できたことから、本機能を正式にリリースするに至ったとしています。

「TVエビス」とは

「TVエビス」はWEB上の効果測定を行うアドエビスと、トライステージ社が保有するテレビ放送枠ごとの購買データ及び、テレビ通販事業を通して培った様々なノウハウとを掛け合わせることで、インフォマーシャル・テレビCMとWEBの両メディアの相関関係を、テレビ放送枠ごとにリアルタイムに成果を可視化することができる機能。

「TVエビス」を活用することで、テレビとWEBを横断したマーケティングの効果測定が可能になり、これまで実現できなかったTVとWEBのクロスチャネルによるマーケティングのPDCA(施策立案、実行、効果測定、予算最適化)サイクルの実現と、ROI(投資利益率)の改善につながることが期待できるサービスです。

 
TVエビス