Web Marketing

PR TIMES、ストックフォトPIXTAの画像素材が利用可能に

ピクスタ株式会社は9月9日、株式会社PR TIMESと業務提携を行い、プレスリリース配信サービス「PR TIMES」のサービス内で、ストックフォトサービス「PIXTA」の素材利用が可能になったと発表しました。

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」のサービス内で、ストックフォトサービス「PIXTA」の素材利用が可能に

同社によると、SNSの発展と共に企業は生活者に直接情報を伝えることが可能になり、プレスリリースは従来のマスメディアを対象とした報道資料としてだけでなく、生活者が直接接触する一次情報の役割も果たすようになったため、プレスリリースをいかに多くの人の目に留めてもらうかが、企業広報担当者の課題になっていたと指摘しています。

人々の目に留まる情報の要素としては「ビジュアルを活用したコンテンツ」が挙げられますが、広報担当者にとって発表内容や準備期間によっては十分なビジュアル素材を用意することが難しく、プレスリリースを元に情報を発信する側も、情報とマッチしたビジュアル素材を用意することに負担が生じていました。

こうした背景をもとに、企業の広報担当者が自前で画像を用意できない時でも、簡単にプレスリリースにビジュアル素材を利用でき、プレスリリースを受け取った側も記事作成に必要なビジュアル素材へワンクリックでたどり着ける仕組みを構築するべく、両社が提携するに至ったとしています。

「PR TIMES」の企業会員は2016年9月9日(金)より、プレスリリース登録画面の「画像ファイルをアップロード」メニューから、「PIXTA」の画像素材を追加料金なしでプレスリリースに自由に配置することができるようになりました。

今回の提携により利用できる素材の数は、1930万点以上ある「PIXTA」の画像素材のうち1500万点超。同時に、配信されたプレスリリースから、ワンクリックで使用した画像素材の購入や使用が可能になります。

 

Press Release