Web Marketing

マルケトのアカウントベースドマーケティング機能

マーケティングオートメーションツールの米Marketo(以下マルケト)は9月16日、営業チームとマーケティングチームが密接に連携して重要顧客にターゲットを絞り、関係を構築し、測定できるようにする、Marketo Account-Based Marketing(Marketo ABM)の提供を開始したと発表しました。

同社によると、マーケティングチームと営業チームは長年にわたり、顧客の絞り込みを行ってきましたが、拡張可能かつ連携した方法で、1か所から取引先企業やその意思決定者にリーチして関係を構築するテクノロジーが存在しなかったと指摘しています。

今回新たに搭載された「Marketo ABM」によって、マーケティングチームと営業チームはより関連性のあるパーソナライズされた方法で連携し、顧客を絞り込むための適切なツールを入手できるようになります。

具体的には、アカウントチームにおいて以下の活動が可能になるとしています。

■アカウントおよびリードスコアリングを活用し、パーソナライズされたキャンペーンを通じて、顧客の中から適切な顧客や適切な担当者を容易に絞り込む。

■マルケトのオーディエンスハブで取得した詳細な顧客行動情報を生かして、Eメール、Web、イベント、ソーシャル、モバイルなど複数のチャネルにわたって高度にパーソナライズされたメッセージを提供し、顧客や重要な意思決定者と深い関係を構築する。

■高度なアカウントベースのアナリティクスを活用してアカウントチームがマルチチャネルエンゲージメント、パイプライン、収益などの主要指標にわたってABM活動の影響を測定し、その成果を最適化できるよう支援。

■プレディクティブスコアリングや顧客充実など、マルケトのLaunchPoint®エコシステムパートナーから提供される補完的ソリューションを活用して、Marketo ABMの機能を拡張。

 

Marketo Account-Based Marketing