Web Marketing

アド配信のカメレオンとホットビューが連携

ネイティブアド配信サービス「カメレオン」を提供している株式会社ヒトクセ(以下、同社)は9月6日、シルバーエッグ・テクノロジー株式会社のレコメンド広告サービス「ホットビュー」と連携し、クリエイティブのトータルオートメーション化を実現したと発表しました。

ダイナミックネイティブアド配信サービス「カメレオン」

同社が提供する「カメレオン」は、広告が表示されたWebサイトのデザイン情報を解析し、広告をWebサイトに合ったデザインに自動的に変化させるダイナミックネイティブアドサービス。これを利用することにより、サイトのデザインを手動で調整することなくネイティブアドを配信することが可能となるほか、業界最大のネイティブアド在庫数を確保しているため、カメレオンと連携するDSPにタグを入稿することで、それぞれのディスプレイ広告枠に対して配信することができます。

一方、「ホットビュー(HotView)」はサイト訪問者をターゲティングして一人ひとりの興味・関心に合わせたバナー広告をリアルタイムで生成し、クリック率や購買率の高いパーソナライズされたバナー広告を提供できるサービス。

同社によると、今回2つのサービスが連携したことにより、以下の配信機能が実現できるようになったとしています。

広告クリエイティブのトータルオートメーション化

  • 広告が表示されるメディアにデザインを最適化
  • 連携DSP・アドネットワークを介してあらゆるメディア(スマートフォンのインバナー枠)に配信が可能
  • サイト訪問者の行動をリアルタイムに解析し、商品単位で一人ひとりの興味・関心にパーソナライズしたクリエイティブを自動生成
  •  

    プレスリリース