Web Marketing

アドエビス、デモグラフィック分析機能を追加

株式会社ロックオンは11月21日、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」のデモグラフィック情報分析機能を、2016年12月5日頃にリリースすると発表しました。

アドエビス、デモグラフィック分析機能

企業がインターネットで新規ユーザーを獲得するには、将来顧客になり得る可能性のあるユーザー層に効率良く訴求することが重要ですが、同社によると、これまではWEB上での行動履歴や顧客獲得効率が重視され、技術上の課題からユーザーを起点とした施策の評価は困難とされてきたと指摘しています。

今回搭載される分析機能では、「年代・性別・地域」といったデモグラフィック情報が「アドエビス」に搭載されるため、対象ユーザーの性別・年代・趣味趣向や、広告接触・自然検索・サイト来訪など行動履歴の参照、コンバージョンの有無を一気通貫で分析できるようになり、将来顧客になり得るユーザーへの早期接触や、顧客獲得単価の低下、コンテンツの見直しによる転換率の向上を実現します。

例えば、「広告接触 × デモグラフィック情報」レポートを使うことで、将来顧客になり得るユーザーに訴求できるメディアをより正確に選定することができるほか、「サイト来訪 × デモグラフィック情報」レポートを使えば、離脱ユーザーを想定したコンテンツ制作も可能となり、マーケティング活動をより正確に実施&検証することができます。

アドエビスのデモグラフィック分析機能イメージ

本機能は、アドエビスを利用中の企業が無償で利用できるようになる見込みです。
 

デモグラフィック情報の分析機能